50男のいい加減な食卓

2013年12月03日(火)

じゃがいものリゾット

群馬で農家を営んでいる大伯父から、じゃがいもをたくさんいただきました。暫く放っておいたら芽が出てしまい、慌てて連日じゃがいも料理を作りました。その一つ、じゃがいものリゾットをご紹介します。

皆さんご存知のことと思いますが、じゃがいもの芽には毒素が含まれています。調理する際は、発芽部分を大きく切り捨てることをお勧めします。
(農水省解説頁 http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/naturaltoxin.html)

ところで、放射線照射処理したものは、発芽しません。ガンマ線により、芽の組織の細胞分裂を阻害するためです。日本では、一部のじゃがいもに放射線照射処理が施されているようです。アメリカ(USA)等では、日本で除草剤として登録されているクロロプロファムという農薬を使って発芽防止をしています。
天然毒素を持つ食材と、どう向き合うのか。コストを掛けて貯蔵施設を充実させるか、リスクのある薬品で安価に処理するか。それとも、それ自体は安全と言われる放射線照射処理するか。じゃがいもは、食の安全とは何か、を考える上で格好の素材の一つのようです。

さて、じゃがいものリゾットに戻ります。
① 皮をむいたじゃがいもとニンジンを、一口大の大きさに切ります。
② 玉ねぎをスライスして、①と豚肉と一緒に鍋に入れ、水を加えて中火で1~2時間煮ます。
③ 炊いた米を加え、15分程度、更に煮ます。
④ 塩で味を調え、出来上がり。
歯の具合が悪かったので、今回はニンジン、じゃがいもがスプーンで軽く押すとつぶれるくらい軟らかく煮て、少し潰してから食べました。

芽の出たじゃがいも リゾット
IMG_3094 IMG_3106
Copyright© 2019 フェアトレードマート(FAIR TRADE MART) All Rights Reserved.