50男のいい加減な食卓

2014年01月28日(火)

煮豆

定番の煮豆を、昨秋収穫の新豆で作りました。

脱穀の時、オギノエン・ファームの荻野さんが、栄養豊富な大豆を「畑のダイヤ」と言っていましたが、脱穀したての大豆はうっすらと緑掛かっていて生気があり、生きる輝きを放っていて中々きれいです。

それを天日で干し、あの無愛想で固く閉じこもった、私たちにお馴染みの豆にします。調理する際、時間を掛けて水で戻すという手間が掛かるため、敬遠されがちな食材だと思います。我が家でも正直なところ、普段は缶詰で、乾燥させた大豆はめったに使いません。

一日汗を流した結果だという感情移入が強くあり、少しでも美味しく食べてあげたいという思いを込めて作りました。

① 豆をボールに入れ、8時間程(一晩/朝→夕)つけます。
② つけた豆(100g→250gに膨らみます)をざるに空け、水を切り、お湯に入れ、茹でます。
③ 1時間程茹で、ざるに空けます。
④ 昆布を水に一晩つけて、だし汁を作っておきます(鍋に水と昆布を入れ、煮立つ前に火を止め出来上が
  り、という簡便な方法もあります)。
⑤ だし汁に醤油とみりんを加え、豆(今回は、みじん切りしたニンジンを加えました)を入れた鍋に落し
  蓋をして、弱火で1時間程煮ます。
⑥ だし汁が無くなってきたら落し蓋を取り、焦げないように汁が無くなるまで煮て、出来上がり。

収穫し脱穀した大豆 煮豆
収穫し、脱穀した、大豆_原寸 煮豆_原寸
Copyright© 2019 フェアトレードマート(FAIR TRADE MART) All Rights Reserved.