50男のいい加減な食卓

2014年04月30日(水)

たけのこご飯

旬のたけのこをいただいたので、たけのこご飯を炊きました。

今回実は、家内の料理です。畑から帰り疲れて寝てしまったので、「やる、やる」と言いながらやらなかった私の代わりに、たけのこを茹でてくれました。掘ったその日に下処理するのとしないのでは、柔らかさ、風味、そして触感が違います。ある農家さんは、1時間以内に茹でないと風味が飛んでしまうと言っていますが、自宅に竹林が無いと流石にそれは無理です。兎に角、手に入れたら出来るだけ早く、下処理をしましょう。わが友は、茹でずに電子レンジを活用していますが、この方法なら短時間で終わりますので、忙しくても疲れていても、出来そうです。

① たけのこを洗い、穂先を斜めに切り落としてから、縦に切れ目を入れます。
② 米ぬかを加えた水、無ければ米のとぎ汁で、1~1時間半程度、茹でます。
③ 茹で終わり、湯が冷めたら水洗いし、皮をむきます。
④ 下処理を終えたたけのこの穂先を3cmの長さに薄切り、下部はいちょう切りにします。
⑤ 油揚げを短冊に切ります。
⑥ 米3合に対して、酒50ml、醤油大匙1.5、みりん小匙1、塩小匙0.5と、たけのこと油揚げを加え、通常の
水加減で炊きます。

竹林のたけのこ たけのこご飯
IMG_6049 IMG_6305
Copyright© 2020 フェアトレードマート(FAIR TRADE MART) All Rights Reserved.